漫画家になりたい!絵を仕事にして生きていたいなら確実な進路選択

カメラ

アニメーターの仕事

カメラマン

アニメの作画やカットなどを担当するアニメーターの仕事。漫画やゲーム、小説といった作品を紙の媒体から動きのあるアニメに描き起こすお仕事です。何枚もの絵を描き、動きや表情をキャラクターに与える事で迫力や、躍動感、個性や魅力を大きく引き出すことが出来ます。ヒーロー漫画、スポーツ漫画などのアクション要素の多い作品ではその動きや迫力、テンポが、少女漫画やミステリではキャラごとの心理描写や表情、見せ方が重要になります。作品の持ち味を活かすのも殺すのもアニメーターや作画監督、絵コンテ次第というわけです。特徴のある作画で人気のあるアニメーターも多くいますので、自分の作品ではなく持ち味が出せないというわけではなく、自身の技術力で人気のあるアニメーターへの道を切り開いていくことが出来ます。漫画やアニメ、小説やゲームといった様々な作品が好きで、絵を描くことが好きな人には向いています。憧れの作家さんのアニメに関われる可能性も大いにあり、ファンとしてはたまらないお仕事とも言えるでしょう。
専門の高校では現役アニメーターからのノウハウの指導、自主制作アニメを作るなどのカリキュラムを行なっています。高校の段階からより実践的にアニメ制作を行なうことが出来、経験を確実に詰むことが出来ます。作品の良さを殺してしまう作画崩壊を避けるためにもクオリティの高いアニメーターの育成確保は重要科目。作品を活かすアニメーターになるためには高校から卓越した経験を持っている講師から経験や技術を、学ぶことで出来るアニメーターになりましょう。しかしアニメーターの夢の足枷になるのが、低賃金による生活苦の問題や過酷な現場。環境でアニメーターになる夢を諦めてしまう人も多くいます。今の日本や世界は、より安価に大量生産出来るサービスを求めているため、そのしわよせがアニメーターや絵師にでています。この傾向に変化がない限りは、アニメーターや絵師の生活が豊かになる事は考えにくいでしょう。そうならないためにも、しっかりした専門高校に通うことで業界への就職率や、安定した企業へ就職が出来る可能性のある道を選択しましょう。

Copyright© 2016 漫画家になりたい!絵を仕事にして生きていたいなら確実な進路選択 All Rights Reserved.