漫画家になりたい!絵を仕事にして生きていたいなら確実な進路選択

カメラ

確実な生存ルートを得る

カラーチャート

漫画に必要なのは何か。まず漫画の批評の際に重要視されるのは、ストーリー・画力・構成・キャラクターの個性や表現力です。さらにお仕事にするにはこれに「売れるかどうか」「客に受けるか」が関わります。この基本を理解して対策する事も漫画家になるには需要です。しかし、ストーリーと絵は描き慣れてきても、見せ方、構成、読ませ方や売り方、好かれるキャラクターとなると自分一人では判断が難しいでしょう。
この時、専門高校に通うことによって現役の編集者や漫画家からの意見や指導をしてもらうことが出来ます。編集者出版社のクライアントから望まれる作品を自分の作品として練り上げるという工程を高校という早い段階から理解し行なうことで売れる漫画を作ることが出来ます。どうせ作品を作るなら多くの人に愛され認められる場の多い作品を作りたくはないですか?そうした作品を作るノウハウだけでなく、デッサン崩れやコマの見せ方、背景や描写の手段など表現においても専門高校での授業で相談や指導を受けることが出来ます。例えばストーリーの構成のパターンにおいて、起承転結というよく聞く手法や、3部構成とした一幕、二幕、三幕での構成を行なう方法などもあります。専門の高校ではストーリー制作の授業があり、こうしたストーリー展開の丁寧に教えてくれますのでストーリーの構成でイマイチなタイプにも対応が可能です。ストーリーが出来たらキャラクターに合ったキャラデザや個性を引き出す掘り下げ、作画も行なう必要があります。初心者が陥りがちなコマ割りの悩みも相談する事で効果的な見せ方を指導してもらえるでしょう。
専門高校では静物画やデッサンのカリキュラムで画力向上はもちろん、ストーリー・構成で効果的な見せ方をした面白い話の作り方を学習出来ます。そうした作品の作り方だけでなく、売り方や編集への自己プロデュース力も得ることが出来るため大きく、確実に成長が出来るのです。

Copyright© 2016 漫画家になりたい!絵を仕事にして生きていたいなら確実な進路選択 All Rights Reserved.