漫画家になりたい!絵を仕事にして生きていたいなら確実な進路選択

インク

絵師という進路

インク

ストーリーやコマ割りを考えるのは苦手で、絵を描くのが好きな方にはイラストレーターの道を目指すのがおすすめです。現在では高校から、イラストのノウハウを教えてくれる学校が出来ています。

詳細を確認する

アニメーターの仕事

カメラマン

高校からより実践的なアニメの仕事内容を学ぶことで、安定した進路を選択出来るような優秀な人気アニメーターになることが出来るかもしれません。ストップ作画崩壊、作品の良さを活かすことの出来る国内アニメーターを目指しましょう。

詳細を確認する

絵を仕事にする道

インク

昨今ではジャパニメーションがかなり注目され、クールジャパン戦略でも、アニメーションや漫画、ゲームやイラストは広告塔的な扱いの立ち位置を確保してします。日本の有力な文化市場となり、その市場を盛り上げるためにもアニメーターや漫画家、ゲームグラフィックデザイナーなどの育成においては、今や目覚ましいほどに教育の場が潤っています。今の環境は、漫画家になりたいという希望を持った人が夢に向かって歩き出す道路がアスファルトで舗装されているようなものです。「今の子は恵まれている、昔はそんなことはなかった」なんて、年をとった人間のような事は言いたくはないのですが、それは間違いなくこの分野においては疑うことのない事実です。今、学生として生きている世代のちょうど父親や母親世代にはまだ漫画家なんて極道な仕事でしかありませんでした。漫画家になりたいと思っても、漫画家になる道も狭く、厳しく、苦しい道で華やかな栄光を得るのは一握りの成功者でしか無いそんな時代です。アスファルトで舗装なんてされてもなく、もはや迷いながらたどり着けるかどうかもわからない遠い道のりでした。コツコツと絵を描き続け、ストーリーやコマ割り、ベタやトーンといった技術を自力で学び、編集者に持ち込んではボツを喰らい、いつか認められると信じて食らいつくように何度も何度も投稿を繰り返す。作画の方法を教えているところもなく、アシスタントとして有名な漫画家の下に入り、技術を身に付けながらも投稿を繰り返して、ようやく、陽の目が見えるかどうか。このモラトリアム期間で大方の小さな才能の花が折れ、土に帰らされたのは言うまでもないでしょう。
ですが、今は違います。漫画家になりたい人にとってインターネットという新たな意思表示、表現場所を得ることで出版社に投稿しなくても目に留めてもらうことが出来るような時代です。自費出版でかいた漫画をコミックマーケットにも出すことが出来るため、メジャーでなくてもファンがつくこともあるようになりました。

確実な生存ルートを得る

カラーチャート

漫画を高校で学ぶメリットは作品作りだけではありません。売れる、生き残れる漫画家になるためのノウハウは今後の長い漫画家人生において重要です。一発屋でなく長年描き続けられる事を目標にしましょう。

詳細を確認する

Copyright© 2016 漫画家になりたい!絵を仕事にして生きていたいなら確実な進路選択 All Rights Reserved.